学習環境における良い光とは?

子どもたちに良い学習環境を整えるのは私たち大人の役目です。 机やイスを揃えるのはもちろん、 学習環境における光の質はとても重要な要素。 子どもたちの視力や、集中度合いなど 学習の質そのものに影響をあたえるからです。

子どもたちに良い学習環境を整えるのは私たち大人の役目です。

机やイスを揃えるのはもちろん、学習環境における光の質はとても重要な要素。

子どもたちの視力や、集中度合いなど学習の質そのものに影響をあたえるからです。

小学生の約1/3が、
視力1.0未満に

近年の子どもの視力低下は著しく、2017年には裸眼視力が「1.0未満」の小学生の割合は32.5%と過去最高(*1)になりました。「暗いところで目を酷使する」「勉強のしすぎ」などが理由といわれ、さらに昨今の子どもの勉強時間の長時間化も原因のひとつと言われています。

*1 引用元:文部科学省の学校保健統計調査(2017年度)一部抜粋

学習に最適な明るさ

学習や読書には、最適な明るさが定められています。しかし、実際に学習を行うリビングや子供部屋の明るさはその基準を満たしておらず、手もとの明るさを補う必要があります。

明るさの差が集中力を高める

明るさを補おうと、部屋を全体的に明るくするよりも、一般的な室内におけるやや暗めで均一な明るさの中でデスクライトを併用することで新たなメリットが生まれます。周囲と手もとに5倍〜10倍の明るさの差があった方が、集中力が高まると考えられています。

デスクライトなし

周囲と手もとの明るさの差がなく均一的

デスクライトあり

手もとに5倍〜10倍の明るさの差ができると集中しやすい

※部屋を真っ暗にしてデスクライトだけにすると、目の負担が大きく疲れやすくなるのでご注意ください。

照らす範囲は、広く。

周囲と手もとに明るさの差を作りながらも、手もとを照らす範囲は広くあるべきです。子どもたちは、大きいドリルや教科書・ノートなどを何冊も机上に拡げるため、デスクライトの光は広い方が効率的と言えます。

学習環境における良い光 3つのポイント

  • 手もとの明るさを補うと、学習に最適な見やすさになります。
  • 周囲との明るさの差をつくると、子どもの学習の質が高まります。
  • 手もとを広く照らすと、机上を広く使った効率的な学習ができます。

学習環境の中でも、視力や集中力に直接影響する光の質は、特に重要な要素です。 BALMUDA The Lightは、子供たちの目を徹底的に考えて作られたデスクライト。 独自の技術で、学習環境に最適な光を実現しました。

● オンラインストアなら、全国送料無料でお届けします

購入
みやすさ保証 - 全額返金キャンペーン(オンラインストア限定)
0120-686-717 土日祝日も朝9時から夜6時まで 販売店を探す お近くの正規取扱店のご案内 サポート情報 よくあるご質問や取扱説明書
BALMUDA The Light 購入 販売店