各モードの使い方

BALMUDA The Toasterにはトーストモード、チーズトーストモード、フランスパンモード、クロワッサンモード、クラシックモードの5つのモードが用意されています。これは例えば普通の食パンと上に具材が乗っている食パン、クロワッサンでは、中が温まりはじまる温度、表面が色づき始める温度が異なるからです。それぞれのパンで最高のおいしさを引き出すために専用モードを用意しました。

トースト

トースト、チーズトーストの2つのモードは、表面にこんがり焼き色を付けるのが特徴です。

こんがりと焼き目をつけます。トースト以外にも、横半分にスライスしたベーグルやイングリッシュマフィンをカリッと仕上げるのに使えます。

パンの種類 常温の場合 冷凍の場合
山型パン 2.5〜3.5分 3.5〜4.5分
角食パン 2.5〜3.5分 3.5〜4.5分
ベーグル 4〜5分 6〜8分
イングリッシュマフィン 3〜4分 3〜4分

 

チーズトーストモード

上火が強いので、チーズトーストのほか調理前の具材を乗せたメニューに最適です。ピザトーストや野菜や果物を乗せて火を通すメニューにも。

パンの種類 常温の場合 冷凍の場合
チーズトースト 4〜5分 5〜6分
ピザトースト 4〜6分分 5〜7分

 

リベイク

中までアツアツにあたためるのがリベイク。表面の仕上がりに応じて2種類のモードがあります。

フランスパンモード

表面に焼き色をつけずに、中までしっかり温めます。 フランスパン、ロールパン、コッペパンやマフィンに最適です。

パンの種類 常温の場合 冷凍の場合
フランスパン 3〜4分 5〜8分
ロールパン 3〜5分 6〜8分
コッペパン 2〜4分 4〜6分
あんぱん 3〜4分 6〜8分

 

クロワッサンモード

中までしっかり温め、表面をサクッと仕上げます。デニッシュ系やスコーンをカリッとさせたい時や、メロンパンのリベイクなどによく合います。

パンの種類 常温の場合 冷凍の場合
クロワッサン 3〜4分 5〜7分
パン・オ・ショコラ 3〜5分
スコーン 3〜5分
アップルパイ 3〜5分
ドーナツ 3〜5分
クリームパン 3〜5分
メロンパン 3〜5分
ウィンナーロール 3〜5分
カレーパン 3〜5分
シナモンロール 3〜5分

 

クラシックモード

スチーム調理は行わず、表記の温度になるよう温度制御を行います。グラタンやお餅など、さまざまなトースター料理をお楽しみください。

BALMUDA The Toaster 2017年春発売モデルは、170℃、200℃、230℃の温度による制御となりました。詳しくはこちらをご覧ください。

300W 約3分で180℃程度になります。お惣菜の温めやお菓子づくりなどにおすすめです。
600W 約3分で230℃程度になります。焦げ目がつきにくいので、グラタンの温めなおしなどにおすすめです。
1300W 約1.5分で230℃程度になります。火力が強くグリル調理に近いので、お餅やグラタンなどにおすすめです。

解決しない場合

お電話、またはメールにてお気軽にお問い合わせください。