小さな食堂のチキンバターソテー

バルミューダキッチンチーム

イタリアの小さな食堂で出会った、忘れられない一皿をBALMUDA The Rangeで再現しました。材料はシンプルでも、濃厚かつ味わい深い仕上がりになります。鶏むね肉はフライパンで焼いた後、オーブンでじっくり熱を入れ、ふっくらと。最後はバターをかけながら焼き上げ、そのままテーブルにサーブすれば、ぐつぐつと煮立つバターの香りに、思わず歓声があがってしまいますよ。

バルミューダキッチンチーム

材料 2人分

鶏むね肉1枚(約280g)
小さじ1/2
白こしょう少々
小麦粉適量
バター40g
レモン1/4個

作り方 調理時間 30分

オーブンを予熱する。温度を220℃、時間を10分に設定する(予熱時間:約10分)。

鶏むね肉を半分に切り、塩と白こしょうで味をつけ、小麦粉をまぶす。

小さめのフライパンにバター30gを入れて、2の皮目を下にして中火で3分焼く。
※オーブン調理の際は、オーブン使用可能な耐熱性のあるフライパン(鉄やステンレスなど)をご使用ください。取手が木やプラスチックのものはお控えください。

オーブン付属の角皿に3をフライパンごとのせて、220℃に予熱されたオーブンで10分焼く。

オーブンから取り出し、肉の上下を返して、再び中火にかける。フライパンにバター10gを追加し、溶けたバターをスプーンでかけながら中火で3分焼いてできあがり。火からおろし、熱々をフライパンごとテーブルにサーブし、お好みでレモンを絞る。

Recommended

オーブンでふっくらとさせたチキンに、最後の焼きあげで焦げ目をつけることで、シンプルな味わいに奥行きが加わります。このままでも充分においしいのですが、バターと相性抜群のしょうゆをひとかけするのもおすすめです。


あわせて「A Tasty Story:フィレンツェの出会い(by ミナ ペルホネン 皆川明さん)」
お読みください。

●オンラインストアなら全国送料無料でお届けします

購入

30日間の返金保証

バルミューダオンラインストアでは、一部の商品を除き、出荷日より30日間以内であれば返品可能です。
ご安心してお買い物をお楽しみください。

返金保証について詳しく

News

ブランドショップ「BALMUDA 松屋銀座 / BALMUDA 阪急うめだ本店」でキッチンシリーズ製品をすべて体験できます。

0120-686-717 土日祝日も朝9時から夜6時まで 販売店を探す お近くの正規取扱店のご案内 サポート情報 よくあるご質問や取扱説明書 消耗品・専用パーツ ご購入はこちらから
BALMUDA The Range 購入