バゲット&きのこのスパイシーチーズフォンデュ

ピザ用チーズの代わりに、エメンタール(50g)とグリエール(50g)というスイスの2種類のチーズを合わせて使うと本格的で濃厚なチーズフォンデュも楽しむことができます。食べ方は、最初にくり抜いたパンにチーズをつけていただき、チーズが少なくなってきたところで食べやすい大きさにカットしたり、刻んだレタスやグリルしたソーセージをチーズの上にのせてチーズドッグに変身させるのもおすすめ!

金子健一

つむぎや

材料2人分

バゲット(15cm) 2本
ピザ用ミックスチーズ 100g
カマンベールチーズ 30g
ドライトマト(粗く刻む) 10g
マッシュルーム 2ケ
えのき 50g
にんにく(すりおろし) 半片
クミンシード 小さじ1
白ワイン 120ml
味噌 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
片栗粉 小さじ1
パセリ(みじん切り) 適量
七味 適量

作り方調理時間20分

  1. 1マッシュルームは4等分、えのきは石突きをカットしてから2cm幅に切る。
  2. 2ミックスチーズと片栗粉を混ぜ合わせる。
  3. 3鍋にオリーブオイルとクミンシードを入れて熱し、香りがたってきたらドライトマト、マッシュルーム、えのきを加えて中火で炒める(2分)。
  4. 43に白ワイン、にんにくを加えて弱火で熱し(3分)、味噌、チーズを加えてかき混ぜながらとろみをつける。
  5. 5バゲットは、上1cmほどをカットし、ふちを1cm残したまま中身をくり抜く(カットした上部と中身は、チーズにつけて食べるため食べやすい一口サイズにしておく)。
  6. 65のバゲットに4を入れ、8等分にちぎったカマンベールをのせる。
  7. 7バゲット、くり抜いたパン、カットしたパンをそれぞれ耐熱容器にのせて、トーストする(クロワッサンモード:4分)。
  8. 8仕上げにパセリと七味をふる。

Chef Profile

金子健一

つむぎや

料理研究家。2005年マツーラユタカとともにフードユニットつむぎやを結成。「食を通して人と人とを、満ち足りたココロをつむいでいく」をモットーに和食ベースのオリジナル料理を提案している。8月に新刊「ぱんぱかパン図鑑」(地球丸)を発売。「あっぱれ! おにぎり」(金園社)、「和食パスタ100」(主婦と生活社)など著書多数。

http://www.tsumugiya.com
https://twitter.com/ken_tsumugiya

BALMUDA The Toaster
カラー:ブラック、ホワイト、グレー、チャコールグレー(期間限定)
22,900
●オンラインストアなら全国送料無料でお届けします ●この製品はギフトラッピングで発送可能です