カルピス(株)特撰バター&フランスパン

カルピス(株)特撰バター

フランスパンはバターを使っていないので、パンにのせたバターの風味が立ちます。食塩不使用バターを使うとパンに合わせて塩味の調整ができ、バターのミルク感を際立たせることができます。バターもフランスパンもおいしくなるこの食べ方を、自信をもっておすすめします。

カルピス(株)特撰バター

材料 2人分

バゲット6つ
カルピス(株)特撰バター(食塩不使用)適量
塩(岩塩等、お好みの塩)適量

作り方 調理時間 5分

フランスパンを温める(フランスパンモード3〜4分)

Point
  • スライスせずになるべく大きめのかたまりのまま温め、温まってからカットした方が、中がしっとりふんわりと仕上がります

「カルピス(株)特撰バター」(食塩不使用)を好きなだけのせる

塩を適量つけて、できあがり

"食べるバター"とも言われる、良質なバター

「カルピス(株)特撰バター」は乳酸菌飲料「カルピス」をつくる工程で、生乳から乳脂肪を分離するときにできる脂肪分(クリーム分)からうまれたのが始まりです。一般的なバターはその脂肪分を水洗いして作られますが、「カルピス(株)特撰バター」は製造工程で出るバターミルクで洗い上げるため、豊かなミルク風味のバターに仕上がっています。

「カルピス」という名前から甘酸っぱさを思い浮かべる方もいますが、飲料の「カルピス」が混ざっているのではなく、「カルピス」の製造で培った高い技術と厳しい品質管理のもとで作られた良質でクリーミーなバターです。

素材の味を生かし、後味がよく口に残らないことから、発売以来多くのトップシェフたちに愛されています。

※「カルピス」はアサヒ飲料(株)の登録商標です。

フランスパンモードの使い方

BALMUDA The Toasterには「フランスパンモード」という、フランスパンの温め(リベイク)ができるモードが用意されています。焼いてしまうと固くなってしまうフランスパンも、中は柔らかく、外はパリッとした歯ごたえに。ベーカリーの焼き立てのようなおいしさを味わうことができます。

ちなみにフランスパンとは、小麦粉・塩・水・イーストのみで作られるフランスのパリ発祥のパンの総称で、バター、卵、乳製品、油脂、砂糖が使われていないのが特徴です。沢山の種類がありますが、大きく3つに分けると、細めの「バゲット」と太めの「パリジャン」。そしてその中間の「バタール」です。

どのタイプのフランスパンも、温めめてからスライスするとパンの中の水分が飛ばず、いっそうおいしくリベイクできます。ぜひお試しください。

●オンラインストアなら全国送料無料でお届けします ●この製品はギフトラッピングで発送可能です

購入
News

ブランドショップ「BALMUDA Store 松屋銀座」でキッチンシリーズ製品をすべて体験できます。

0120-686-717 土日祝日も朝9時から夜6時まで 販売店を探す お近くの正規取扱店のご案内 サポート情報 よくあるご質問や取扱説明書
ほぼ日刊イトイ新聞

糸井重里さん主催のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」にて対談が掲載されました

新着レシピ

グリルドチーズ : バターで表面をカリッとさせたトーストと、トロトロに溶けたチーズ...

話題のレシピ

ローストビーフ : 素材の美味しさをシンプルに。下味をつけ、フライパンで焼き色を...

BALMUDA The Toaster 購入