大将のお好み焼き

バルミューダキッチンチーム

一度はチャレンジしたい、広島風お好み焼き。卓越したコテさばきがなくても、順番に焼いた具材を重ねていくこのレシピなら失敗知らず。金属コテが使えるので、あつあつのできたてをそのまま切り分け、お皿へ取りわけ。お店さながらのライブ感をお楽しみください。

バルミューダキッチンチーム

材料 1枚分

サラダ油適量
鰹節小さじ1
豚バラ スライス(12cm幅)4枚
キャベツ 千切り(5mm幅)60g
ネギ 小口切り20g
揚げ玉大さじ1
焼きそば麺(水でほぐしておく)1/2玉
1個
ソース適量
マヨネーズ適量
青のり適宜

生地(混ぜておく)

薄力粉20g
40g

作り方 調理時間 約20分

温度調節ダイヤルを180℃に設定し、クラッドプレートを温め、サラダ油を引く。

クラッドプレートの片側に生地をおたまに軽く1杯分(約大さじ2)おとし、薄くのばす。生地の上に、鰹節をまぶす。

クラッドプレートの片側の空いているスペースに豚バラ スライス、キャベツ、ネギ、揚げ玉の順番で具材をのせる。上から、生地を大さじ1ほどかける。

Point
  • 重ねた具材の上から生地をかけることで、具材同士のなじみがよくなります。

2の生地をコテなどで持ち上げ、鰹節の面が下になるように、3の上にひっくり返してのせる。

あらかじめ水でほぐしておいた焼きそば麺を、クラッドプレートの空いている片側のスペースで軽く炒める。

ヘラなどを使い4を底からすくい上げ、焼きそば麺の上にのせる。

Point
  • ⾷材を移動させた後、クラッドプレートに残っているコゲを付属のヘラで落としておくと、スムーズに重ねていくことができます。

クラッドプレートの空いたスペースに卵を割り、黄身をくずして丸くのばす。卵に軽く火が通ったら、6をヘラなどを使いのせる。

Point
  • 具材がはみ出ても、ヘラで寄せてまとめれば問題ありません。

上からソースとマヨネーズをかけ、青のりをふって、できあがり。

Live Kitchen Point

マヨネーズは、少し上のほうから手首にスナップを効かせると、細くきれいにかけることができ、見た目もお店らしくなります。スナップを効かせすぎて、マヨネーズを人やテーブルにかけないようにご注意。

●オンラインストアでご購入いただくと、
メーカー保証1年延長/全国送料無料

購入
  • オンラインストア、BALMUDA The Store Aoyamaにてご購入のお客様に、BALMUDA The Plate Proのガイドブックをプレゼント。

    ●BALMUDA The Plate Pro1台につき1つプレゼントいたします。

  • ただ今、新生活キャンペーンを実施中。対象製品をご購入いただいた方の中から抽選で1,000名様に、iittala(イッタラ)のペアグラスをプレゼント。詳細・応募はこちら

オンラインストアだけの特別なサービス

メーカー保証を1年延長

通常のメーカー保証に加え、期間が1年延長されます。長く安心して使用いただけます。

30日間の返金保証

出荷日より30日間以内であればご使用いただいた後でも返品可能です。(一部の商品を除く)

全国どこでも送料無料

注文の合計金額が3,300円(税込)以上であれば、全国一律送料無料でお届けいたします。

販売店を探す お近くの正規取扱店のご案内 サポート よくあるご質問や取扱説明書 消耗品・専用パーツ ご購入はこちらから
BALMUDA The Plate Pro