チーズトーストにかける想い

BALMUDA The Toasterに搭載されている、チーズトーストモード。チーズの水分と風味をたっぷり残したままこんがりとろっと焼き上げる専用モードです。この、バルミューダだけの特別なモードが開発されるに至るまでには、わたしのある特別な思いがありました。

バルミューダ代表 寺尾玄

ロッジのチーズトースト

小学五年生のときのこと。両親とも忙しく、私たち兄弟を楽しませることができないと思ったのでしょうか。冬休み中、弟と二人で、北海道ニセコにあるスキー場のロッジに預けられたことがありました。父は北海道の大学の山岳部出身。その仲間が営んでいるロッジでした。

当時茨城県に住んでいた私たち兄弟は、両親に羽田まで車で送られ、そのあとは二人旅。千歳空港から列車に乗り換え、一つだけ空いた席に眠そうだった弟を座らせ、隣の人に寄りかかってしまわないように見張っていた私を、けなげだと思ったのでしょうか、初老の婦人が小さな菓子パンをくれたのを、今でもよく憶えています。

Photo by kuwaphoto.com

ニセコといえば、アジア有数のスキーリゾート。着いてみると、一面の銀世界でした。夜中、吹き荒れる風が恐くて、弟と二人、布団を寄せ合い、手をつないで眠ったこともありました。それでも朝になると、何かを忘れきったかのような青空。一筋の跡もついていない、まっさらなゲレンデを滑るという体験は、言いようもなく気分のいいものでした。

父の後輩だったロッジのオーナーは、私たち兄弟に親切にしてくれ、朝ごはんも夜ごはんも、とてもおいしかったのを憶えています。学校の宿題も忘れて、一日中、無心にスキーをしてロッジに帰ってくると、温かいシチューが待っていました。なかでも、忘れられないのが、朝食に出てきたチーズトーストです。普段、家では食べないような厚切りの食パンに、たっぷりとかけられたシュレッドチーズ。これがトースターで焼きあがる頃あいを見計らって、奥さんが熱いココアを作ってくれました。それらのおいしいこと。今日も一生懸命滑ろう! と元気が出ました。

時は流れて、2014年。バルミューダでは、トースターを開発することになりました。この時、私が最初に開発チームに出したリクエストが、「チーズトーストモード」をつけること。チーズの表面がこんがりと、つやっぽく焼き上がり、中はとろとろ。香ばしくて懐かしい香りをかぎながら、口に入れるとパンとチーズが一体になっている。こんなチーズトーストは最高の食べ物のひとつだと思ったからです。開発チームは、私になんども口を出されながら、究極のチーズトーストを本当にするために頑張ってくれました。

ロッジのチーズトーストは、今や、思い出の中の食べ物。あのおいしさに追いつくことはできないかもしれませんが、BALMUDA The Toasterは、今日食べられるチーズトーストの中では、最高のおいしさを実現しました。寒い冬の朝。厚着をして、熱いココアと焼きたてのチーズトーストを用意して、ベランダに出て食べると、素晴らしい体験ができます。ぜひ、お試しください。

ちなみに。あの冬休みだけで、私たち兄弟のスキーの腕前が驚くほど上達したのは、言うまでもありません。