おこのみ寿司

バルミューダキッチンチーム

準備するのは一口サイズの酢飯とお好みの具材だけ。好きなお刺身や薬味を酢飯にのせれば、家でにぎり寿司を食べているようなうれしさです。BALMUDA The Gohanで炊いたふっくら粒立ちのよいごはんなら、酢を混ぜ込んでも適度にほぐれる絶妙な酢飯に仕上がります。

バルミューダキッチンチーム

材料 15〜20個分

1合
日本酒大さじ1
刺身お好みで
薬味(大葉・芽ねぎ・漬物など)お好みで

A

20ml
小さじ1/2
砂糖小さじ1と1/2

作り方 調理時間 75分※炊飯時間(約60分)を含む

米と水を1合のメモリにセットする。大さじ1の水をすくって捨て、日本酒大さじ1を加え、炊飯する。(白米モード)

Point
  • 日本酒を加えることで炊き上がりのふっくら感と風味がプラスされ、酢と混ぜた時の味わいが良くなります。

ごはんが炊けたら、すし桶(ない場合はボウルなど)にごはんを移し、混ぜ合わせたAをまわしかけ、しゃもじで切るように混ぜ、冷ます。

ラップでひとくちサイズの酢飯(約20g)を丸く握る。お刺身や薬味は別の皿に盛ってできあがり。食べる際にお好きな具材を酢飯にのせてお楽しみください。

●オンラインストアなら全国送料無料でお届けします ●この製品はギフトラッピングで発送可能です

購入

30日間の返金保証

バルミューダオンラインストアでは、一部の商品を除き、出荷日より30日間以内であれば返品可能です。
ご安心してお買い物をお楽しみください。

返金保証について詳しく

News

ブランドショップ「BALMUDA Store 松屋銀座」でキッチンシリーズ製品をすべて体験できます。

0120-686-717 土日祝日も朝9時から夜6時まで 販売店を探す お近くの正規取扱店のご案内 サポート情報 よくあるご質問や取扱説明書 消耗品・専用パーツ ご購入はこちらから
ほぼ日刊イトイ新聞

糸井重里さん主催のウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」にて対談が掲載されました。

三ツ星の料理長

"ご飯"でコース料理を組み立てるというかつてない試みが、神楽坂の日本料理店「虎白」で行われました。

ごはんレシピ

BALMUDA The Gohanのごはんを使ってとびきりの食事を楽しめるレシピをご紹介。

BALMUDA The Gohan 購入